日本是一个很讲究上下级关系的国家,日语学习者一般都知道,日语里面的敬语、自谦语、郑重语等无不体现着日语的长幼尊卑关系。通过日语会话用词,就可以看出两个人之间是什么关系,是上下级还是关系亲密的朋友,关系不同日语用词也是不同的。这就要求你在与对方进行日语会话时要分清场合和人物差异,然后选择合适的语言进行交流。

日语会话里面的敬语是用得十分广泛的,所谓的敬语就是对别人表示尊敬的语言,日语的敬语用得不好很容易造成误解和麻烦。因此,日语会话中要讲究敬语的使用技巧。

下面就给出几个情景对话,大家看看日语会话的敬语表达技巧是怎样的吧!

 

1)レストランで注文する

良子:すみません。メニューを見せてください。

店員:はい、こちらです。では、お決まりになったらお呼びください。

(しばらくして)

良子:あのう、お願いします。

店員:はい、ご注文はお決まりですか。

{注:在西餐厅,日本人也会注意下用辞。良子的第二句话如果是在日本料理店的话,估计会说あのう、すみません。}

 

2)大家さんに頼みごとをする

A:あのう、大家さん、すみません。

大家:何ですか。

A:ちょっとお願いがあるんですが、。。。

大家:どうかしたの?

A:申し訳ありません。今月は家賃の支払いが少し遅れるんですが、。。。

{注:后续省略的部分应该是述说延迟房租的理由。但在日语中可以用。。。ですが、。。。可以理解为原因就不必说了,总之是要延迟。}

 

3)会議中の部長を呼びに行く

A:会議中を申し訳ございません。

部長:なんでしょうか。

A:部長にお電話がかかっております。

部長:あ、そうですか。すぐ行きます。

{注:すみません、申し訳ございません。这两个的词,日本人在很多场合都会说这两句。如果真的是为了表示歉意,应该是一边垂下头一边说的。}

 



点击这里,我们的职业顾问将为您提供更多专业资讯信息及日企工作机会。

责权声明:未经RGF同意,不得转载本网站所有原创文章及其他作品或将其用于其它任何商业用途。